2015年08月27日

ずいきの甘酢漬け、作ってみました

ずいきとは、さといもの一種「八頭(やつがしら)」の茎のことです。
長岡野菜や加賀野菜の一種で、昔から「古い血を下す」と言われて、産後の女性の体力回復によいとされてきました。
カラッカラに乾燥させたものは「芋がら」と呼ばれ、保存食として利用されます。


初めて調理します!!
丸山さんのずいきは、皮を剥いてくれているので簡単です。自分でむくと、アクで手が真っ黒になるみたいです…

2015082711313400.jpg

10分ほど水につけてから、ゆでます。
赤かったずいきが、緑色になればOK。

2015082711315600.jpg
酢と砂糖を合わせておいたものに浸けておけば、完成!簡単!!
ずいきに含まれるアントシアニンで、キレイな赤色になります。

多分、初めて食べました。しゃきしゃきして、美味しい…(*^^*)
特にスジっぽいわけでもなく、箸休めにぴったりでした。

一袋の半分は干して芋がらにしてみたので、また次の機会にご紹介します。


posted by niconico at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。